すべてのカテゴリ

ホーム> 知識

ポーセリン義歯のグレージング工法

4月24日、2022年

1. 義歯胚を蒸気で洗浄します。

2. 塗って染める 義歯 染磁器付き。 奥歯はまず発達溝で染色され、副溝、主溝、ピットの順に淡色から濃色に染色されます。

3. 義歯胚の舌側と唇側、および奥歯の切端 3/5 付近の咬合面にグレーズ水を塗布し、1/3 の領域にはグレーズ水を塗布しません。中央の溝に近い臼歯の XNUMX 領域.

4.カラーガイドと実際の歯の色との色比較に従って、染色磁器を選択して徐々にペイントし、暗い色から明るい色に染めます。

5。 場所 義歯 加熱炉、予熱して焼く ボーマンは

6. P染め直す 義歯 淡い色から濃い色へと徐々に染付磁器で, バランスの取れた釉薬層を得るために釉薬水を適用します.

7.アフターカラー比較、染料 義歯 義歯胚の表面に刷毛で塗られたグレーズ層が、本物の歯と同じ色と光沢を形成することができます。 段階的で方向に特化したブラッシングの使用により、 tレイヤーのカラーバランスが改善され、製品の外観が向上します。

QQ图片20210325141427


詳細については、お問い合わせください:

アンソニー・タン

マネージャー

ブルームデン・バイオセラミックス

+86 176 5248 6857

メールAnthonyTang